活用法は

前の物件での契約満了日が、新居への入居予定日よりも早い場合の一時的な荷物の置き場所としての利用ができますし、自宅のリフォームや建て替えといった長期時にも便利なのがこのトランクルームサービスです。例えば、関東地区で引っ越し作業を請け負っている「ファミリー引越センター」では、長期預かりの場合、長期割引サービスを実施しています。リフォームや建て替え前に業者に荷物を運び出してもらい、トランクルームで工事が終わるまで預かってもらうという活用法が便利です。工事が終わればまた業者に荷物を運んでもらうこともお願いできます。そして、ファミリー引越センターのように、預かってもらっている間も荷物の出し入れが自由なところを選んでおくと、より便利に活用することが出来ます。

お引越し時の家財の一時預かりから、長期保管もおまかせ下さい。出し入れも自由。
ご新築時の建て替え等の長期割引プランもあります。
長期の場合は1ヶ月1,500円(+税)からの格安料金でご利用いただけます。

引越しをしてみたら、収納が足りなかったり、新居に搬入できない大型の荷物などが出てくるケースもあります。このような時にも、一時的に荷物を預かってもらい、引っ越し作業が落ち着いてから不要な荷物を売却したり、知り合いに譲るといったこともできます。

短期留学の時にも便利です。短期留学では数ヶ月間家を空けることになるのですが、賃貸物件で生活している人にとっては、この留学期間中の家賃がもったいないと感じる人も多いことでしょう。このような時にも、荷物をトランクルームに預けて部屋を解約してしまうことにより、留学中の家賃を節約することができます。

このように、引越し業者のトランクルームサービスはとても便利です。荷物に困った時には、このサービスを上手く活用してみてはいかがでしょうか。

どんなサービス

トランクルームサービスとは、一時的に荷物を預けることができるサービスです。このトランクルームは引越し業者だけでなく、倉庫会社や不動産会社なども提供しています。一時的に荷物を預かってもらうのであれば、引越し業者でなくても、このようなトランクルームを利用する方法もあります。

少量の荷物であれば、倉庫会社や不動産会社が提供するトラックルームを利用するのも便利なのですが、引越しの荷物となると量が多いため、預けるために荷物を運んでもらい、また引越し先に運ぶのは面倒です。引越し業者では、この2度の荷物の移動がセットになったサービスを提供していて、手続きが一度で済むというのも大きなメリットです。引越し業者によっては温度や湿度、セキュリティー管理もしっかりとしていて、安心して荷物を預けることができます。

気になる費用ですが、これは各業者によって様々なのですが、中には1ヶ月の利用であれば無料としているところもあります。トラブルによって引越しの予定が延びてしまったというときには、このような引越し業者を利用することで、トランクルームの費用も抑えることができます。各業者のトランクルームサービス内容をよく確認して、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

引越しトラブルも安心

引越しでは、今まで使っていた荷物を梱包し、それをトラックに積み込みをして引越し先まで運び、さらに荷ほどきをするといった大変な作業となります。スムーズに引越しを済ませることができればいいのですが、この引っ越しでは作業に入る前などにトラブルが起きることもあります。そのトラブルの一つが、荷物を引越し先に運ぶことができないといったケースです。

新居となる住宅の契約でトラブルが起き、予定していた引越し日が延期となることがあります。もし、今住んでいる住宅が持ち家なら引越し日が延びるだけで大きな問題とはならないのですが、賃貸物件から引越しをする場合では、引越し日前に今住んでいる賃貸契約が切れるといった時には大問題です。

また、家を新築する際には、家が完成する予定日には賃貸物件の契約を解約することになっているのに、工事の遅れによって引越しができないといったトラブルも考えられます。このようなトラブルの時には、荷物をどうすればいいのかと悩んでしまいます。

人だけの引越しであれば、このようなトラブルでも、ホテルを利用したり、親戚や友人のところに一時的に厄介になることもできます。しかし、家具や家電まで一緒に持って行くわけにもいきません。

このような時でも、引越し業者であればこの問題を解決できるサービスを提供しています。それがトランクルームサービスで、このサービスが利用できる引越し業者を利用すれば、このようなトラブルが起きても安心です。ここでは、引越し業者が提供しているトランクルームサービスについて紹介します。